ロマろぐ

オタクコレクターの人生後半戦記

「好き」を仕事にしない方がいいのか?

 

Twitterで気になるツイートが流れてきた

 

 

うっわーわかるわー、と思いつつも、じゃぁ「好きを仕事にすると辛い」「好きで入ったヤツは使えない」となるか、というと必ずしもそうではないと思う。

というのも、僕自身が物心ついたころからビデオゲームが大好きで、最近でもポケモン本編にも関わらせてもらっているくらいゲーム業界にお世話になっているから。好きをちゃんと仕事にできて、20年以上仕事を続けている。しかも楽しい。業界の友人も、好きを仕事にして結果と評価を得ている人は多い。

 

僕の経験も踏まえると、好きを仕事にできる人は

  • 『作る事』自体が「楽しい」
  • 好きと得意を分けている
  • よい妥協ができる

という特徴が多いと思う。 

 

『作る事』自体が楽しい

 僕が小学校低学年の頃、祖父が靴屋だったので、上履き靴の透明プラスチックのケースがゴミとして出ていた。そのケースの平たい部分を切り抜いてセルに見立て、マッキーで絵をかいて父親の8mmフィルムカメラでセルアニメーションを撮ろうとしたことがある。
 フィルムが無くてできなかったけど、セル絵を描くまでは到達した。すんげぇ楽しかった。

幼稚園くらいの時にはなんとか紙工作でスペースインベーダーを作れないか、と考え、設計図を描き、紙と割りばしとゴムで作った憶えがある。まぁ、幼稚園生の考える事なのでうまくいかなかったし、紙もペラペラでショボショボだったけど、作っているときは最高に楽しかった。

作ったものを褒めてもらった、などの成功体験はあまりなかった。別に他人に褒めてもらわなくてもいい。作る事自体が楽しかったし、今でも暇があれば何か作ってる。たとえ完成しなくても、手と頭を動かして出来上がっていく過程が楽しい。

「漫画家が息抜きに同人漫画を描く」というのはすごくよくわかる。

好きを仕事にしている知人のクリエイターたちも「子供の頃に家に無かったから作ろうとした」経験者は多い。

 

ところで僕の甥(中学生)はゲーミングPCを持つくらいゲームが好きではあるが、じゃあ作る事自体が好きなのか、というとそうでもない。

甥が「塾でプログラミング習ってるから、学校のプログラミングの授業が楽勝で退屈だわー」とミサワ風に言ってきたので「じゃぁその退屈な時間に何かゲーム作ってる?」と聞いたらキョトンとされた。

まじか。僕は退屈な授業中にノートに手書きでゲームのBASICソースを書いてたぞ。と、80sおっさんトークをする以上に「作る人」と「やる人」の意識の断絶に驚いた。

 

 もしかすると「作る事が好き」という感情は、生まれたときに決まってるのかもしれない。または何かの拍子にスイッチが入るものなのかもしれない。

よく「若い子は恵まれているから、創作意欲が無い」と言われるけど、それも疑問。なぜなら宮崎駿や手塚治虫などの巨匠たちは、多くは家が恵まれたいいとこの子(手塚治虫に至っては、戦前に家に映写機があり、ディズニーのフィルムを購入して上映していた)だからだ。

同時代の子供よりも恵まれた環境の子供の方が、創作に従事できているのを見ると、その説はあまり信頼できない。

 

好きと得意を分けている

人はほぼ、「やりたいこと」と「得意なこと」は違うもので。たまに一致している人がいるけど、それは「天才」「天職」と呼ぶ。

ただ、好きなものに「得意」で居場所を作ることは可能だ。好きな業界に入り、仕事を続けるのが目的なら、得意は手段だ。

 

僕は高校大学と格闘ゲームブームが直撃し、セガサターンだプレステだ、と、盛り上がっていたので、僕も大好きなゲーム業界に入りたかった。

それがもうことごとく落ちた。大好きなセガやイケイケのコンパイルとかも受けたけどかすりもしなかった。お祈りー。

だからと言って、あきらめてはいなかった。というか、あきらめる選択肢がそもそも無いくらい好きだったからね。別の人生は考えたこともなかった。

さてこの場合、取れる「努力」の選択肢は2つだ。

  1. スキルは現状のまま、とにかく会社の数を受けまくる。
  2. 何かしら得意をアピールできる作品を作り、1社の採用確率を上げる。

1の場合、1社の採用確率が10%としても、100社受けようが確率は10%だ。1000%にはならない。この努力は非常に非効率だ。ならば2しかない。

まずは自分の得意を見極めることだ。プログラム、ドット絵などいろいろをデジタルメディア(電脳倶楽部)にズンドコ投稿した。その反応、掲載率を見て、僕が得意なのは当時流行りだした3DCGアニメーションだとわかった。

そうなると道が見えてくる。まず就職浪人の1年間で短編の3DCGアニメーションをX68000で作り、箔付けのためコンテストに応募して賞を取り、まずはアニメの仕事をした。そこで経験と知識を得てナムコに入ったりPS2のガングレイヴのムービーパートを作った。

回り道をしたけど、間接的に、得意を生かして増やして少しずつゲーム業界での居場所を確保していった。

 

www.youtube.com

 

現在はゲームのデモシーンのコンテやディレクション、制作を主に担当している。ゲーム作りの構造と知識と、アニメや映像作品の知識と経験と理論の両方を併せ持って、それを組み合わせてゲーム内ムービーを作れる人は、ゲーム業界にはまだあまりいないと思う。

友人のクリエイターも、やはり自分の得意を生かして業界内の自分の居場所を確保している。モデリングが得意、ロボが得意、ということで信頼を得て仕事を続けている。

 

「いい妥協」ができる

 数年前、宮崎駿が3DCGに初挑戦するドキュメンタリーが放送された。カワンゴがゾンビ映像見せて怒られるあれだ。

毛虫のボロのアニメーション制作で、生まれたばかりの毛虫がはじめての世界に驚く演技を作る、という内容だったが、CG班には演技の引き出しが無かったようで、何度もリテイクを重ねていた。すると宮崎駿はその演技のカットを欠番にして別の演出に変えたのだ。「宮崎駿でも妥協するのか!!」と驚いた。

「妥協」と聞くとマイナスなイメージがあるけども、「与えられた条件内で良いものをキープする」に近い。宮崎駿も、リテイクの時間を浪費するよりも、作品全体を見ればさほど印象が変わらずCG班が作りやすいBプランを提案した、という感じだろう、時間とお金は有限。拘る重さと拘らない軽さを併せ持つバランス感覚が、やはり長く続けられるのだろう、

僕もやりたかったことができないこともあるけども、それは次の機会や作品でやればいいか、いいネタがひとつ増えたぞイヒヒヒヒ、と前向きにとらえている。

 

まぁ、いろいろ書いたけど、好きだけでも仕事にできるし続けられる、という例も知ってもらえると嬉しいっす。

ただしかなり頭を使う。「ゲームすきー!はいるー!」だけでは難しい。情報がプレーンなポッと入りとは違い、ガッチガチに好き嫌いがはっきりしている。「セガが好きだから任天堂の仕事なんてしたくないぜー!」となると、入り口も生き残りの確率も狭くなってしまう。

しかし居場所を見つけられれば、ポッと入った人以上のポテンシャルは発揮できる。

 

はてなブログ1周年

はてなからブログ1周年のメールが来たので、またまたぁ~と思って確認したら本当だった。まじかー!1年って早い!

 なにを主な話題にしていいのかわからないまま1年が過ぎてしまった。話題もまだブレブレですが。毎月投稿で1年続くのははじめてに近いので、ペースはこのまま維持したい。

 

はてなブログは書きやすいけども、もうちょっと痒い所に手が届いてほしいなぁ、というところもあり。

例えばスマホから写真をUPする際に、TwitterとかFacebookみたいに切り抜き加工できると、もうちょっと気軽に書けそう。わざわざ別アプリで加工するのめんどいのよねー。

 

じゃぁもう画像はTwitterにあげて、はてなではそれを参照すれば面倒臭くなくていいのではないかと思いついてテスト。

 

 

One GX1 Proの背面のUSB端子に指紋認証デバイスをつけて、指紋認証でWindowsにサインインできるようにしてみた。毎度PINコードを入力する手間が省けて結構便利。UMPCは手軽さが肝なので、スパっと起動できるとストレスなくていいよね。

 

 

宅配型トランクルームはお得なのか、を計算してみる。

最近CMでよく見るサマリーポケットなどの宅配型トランクルームは本当に安いのか?と思ってコンテナ型と比較計算してみた。

 

pocket.sumally.com

 

一番安い月250円エコノミープランの段ボール1個の体積は

 

37cm x 43cm x 33cm = 52,503cm^3。

 

コンテナ型で一番安いハローストレージの屋外コンテナ8畳タイプが公式情報だと体積

 

230cm × 590cm × 220cm = 29,854,000cm^3。

 

https://www.hello-storage.com/beginner/movie/8/

 

ハローストレージの東京郊外で借りられる、かなり安めのコンテナ月額は25000円くらいなので、値段的にサマポケの丁度100箱分として、サマポケ100箱の体積は

 

52,503 x 100 = 5,250,300cm^3。

 

同じ値段で比較すると、サマポケの収納力はコンテナ型の1/5弱、という感じ。

 

コンテナは棚とか動線を確保しないといけないので箱をみっちり詰め込めない、としても1/2は使えるはずなので、それでもコンテナの方が収納力が高い。

 

逆に100箱以下だと宅配型の方が安い、ということ。また宅配型は温湿度管理をしているのでその価格をどこまで許せるか、という感じかしら。

 

 

サマポケは箱の引き出しに送料がかかるけど、同じ宅配型のMinikuraは1年以上預けると送料無料らしいので、安さを考えるとそっちがいいかな。

 

 

7インチゲーミングUMPC「One GX1 Pro」購入。かなりいい!

予約していたOne-NETBOOKのNintendoSwitch風ゲーミングUMPC、「One GX1 Pro」が届いたよ!512GB+4GLTE版です。


f:id:romanovhiga:20210201074235j:image

 

GPD Win 3とも迷ったけど、Win3はキーボードが静電容量タッチ式でかなりゲーミングに特化していて(キーボードはオマケ)、ゲーム以外の用途にはかなり制約がありそうだったので、他の用途にも使いやすいGX1Proを選択。

 

f:id:romanovhiga:20210201094828j:plain

 

早速セットアップ。僕はメインブラウザにEdgeを使っているので、Windowsセットアップが完了した時点でブラウザのブックマークの同期も完了。楽ちん。新しいEdgeはChromiumで作られているので、本家Chrome用の拡張機能もChromeStoreからそのままインストールして使えるので、かなり使いやすくなっています。

OneDriveは速攻アンインストールしますがね😜

 

7インチというサイズ感はかなりいい。6インチのGPDWin2はちと小さく、8インチのGPD Win MAXは片手で持ち運べるサイズより少し大きめで、ちょっとかさばるなぁ、という印象だった。その中間の7インチは画面も十分大きく(フルHD解像度)、片手でわしづかみできる大きさで取り回しもよく快適。老眼にもギリセーフ。

 

キーボードは狭いながらも意外と打ちやすい。Lのすぐ横にEnterがあるのは結構いいなぁ。日本語の変換の確定によく使うから、小指をちょっと動かすだけで打てるのは便利。日本語キーボードなのでUSキーボード派には少しガッカリだけど、USキーボード版にはないファンクションキーがついているのが日本語入力には嬉しい。英語圏だとファンクションキーはあまり使わないからねー(だからMacbookProはタッチバーに変えちゃった)。

 

昨年発売された旧GX1のコントローラーはBluetooth接続で、接続が悪く遅延もあり、マウスとしても使えない、と不評だったよう。

ProのコントローラーはBluetoothから2.4Ghz無線接続に変更されているようで、接続も一発で遅延や切断も感じられず、マウスモードでマウスとしても使える。これが意外と使いやすい!キャンペーンで無料だったのでとりあえずつけてみたけど、嬉しい誤算。

まぁでも本体に比べて安っぽいし、Switchのジョイコンほどガッチリ接続されない(結構グラグラする)のであまり使わないかな。

 

最後はイオンモバイルのデータSIMを入れて設定。これで移動中でも通信できるーぜー!

 

www.one-netbook.jp

 

僕は動画編集とか、ブログ書き、その他データ整理などに使う予定なので、物理キーボードがついているのは快適。筆圧感知のペンも購入したので、もしかするとイラスト描きも行けるかもかも。ただ、画面をペンで押すとやはりヒンジがたわむので、そこをなんとかしないといかんかな。これからが楽しみ。

 

2021年ウッドボール

新年一発目でございます。10日以上経っちゃったけど。

 

昨年からはてなブログを始めてみたんですけど意外と続いてる。我ながらほんと意外。今までブログいろいろ試してきたけどなかなか続かないんすよね。はてなブログは書きやすいのか続いてますね。

昨年はチラシの記事がバズったからかしら。閲覧数もそこそこです。いまだに検索流入があるので、ひとつだけでもバズった記事があると閲覧数は高めで推移するみたい。もうちょっとポジティブな記事でバズりたかったなー。

 

新年ついでに「はてなブログPro」に課金しました。書く側はさほど変わらないですけど、読者側は広告がつかなくなって読みやすくなったと思います。

とにかく肩肘張らないことが目標なので、今後も記事ごとにデスマス調だったりダデアル調だったりバラッバラですます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000 XM4購入

さてハイレゾ音源を何で聴いているか、というとほぼノイズキャンセリングヘッドホン。有線

普段使いのWH-1000シリーズの新型XM4が、先月のPayPay祭りでポイントいっぱいついたので購入。


f:id:romanovhiga:20201224101043j:image

XM2から毎バージョン購入しております。

XM2からXM4まで並べてみる。右からXM2、XM3、XM4。


f:id:romanovhiga:20201224173315j:image

 

2は結構凸凹した質感なのが3からマットでスッキリした。4の変化はほとんどない。ゴールドになってちょっと高級感が出たくらい。

開発者のインタビュー記事だと、 3から4へは中身は殆ど変わってなく。チューニングなどにとどまっているらしい。

 

1か月ほど聞いてみて3から4への改善点は

 

 

逆に4になってありゃ、って思ったことは

 

 

音はほとんど変わった印象はない。イヤーマフが柔らかくなったのは個人的にはうれしいので使い続けている。それにWH-1000シリーズはBluetooth無線として販売されてるけど、有線も対応している(というか、有線の方が圧倒的に音がいい)ので、今のところこれしか選択肢がない印象。

たとえLDACだろうがAACだろうが音の良さは

 

有線>>>>(超えられない壁)>(超えられない壁)>>無線

 

なのでどうしようもない。無線(&非可逆圧縮音源)は音がどうしてもモコモコするし、長時間聞くと酔いのようなクラクラ感に襲われる。有線の方は聴き疲れしない。

 

理想はバランス接続の有線とBluetoothの同時接続(着信の応答程度)ができてノイキャンがガンガン効くやつです。

 

ところで、このWH−1000ってネーミング(型番)何とかなりませんかSONY

別商品の完全ワイヤレスイヤホンが「WF−1000」、首掛けイヤホンが「WI−1000」なんすよ。

わかりにくい。

GPD Win 2 ハイレゾプレイヤー化計画 その後

GPD Win 2 をポータブルハイレゾプレイヤーにしてしまおう計画、前回からいろいろ試行錯誤して、この形に落ち着いた。

 

f:id:romanovhiga:20201214094106j:plain

 

やっぱりSSDをGPD背面につけるのはかなり邪魔だったので、PD給電できるUSB-Cハブを購入して、SSDと余っていたifiのUSBDACを接続。GPDとの接続はUSB-C一本で行う形に。

 

かなりゴツくなったけど。ほぼほぼ自宅環境と同じで申し分なし。大きめの充電式ポタアンなので出力も十分。

 

不格好だけど、なんだかこう、セガの息吹を感じませんか?「縦に積む」感じとか。